2018年11月09日

しかし、その怒りを頻繁にぶつけ

しかし、その怒りを頻繁にぶつけられる立場から考えれば、たまったものではありません。相手の行動に怒りを覚えることがあったとしても、まずは「何があったのか」と聞けば、「実は……」と、相手の事情を知ることができるかもしれません。事情を聞けば、「それはしかたのないことだ」と怒りが収まる可能性も大いにあります。そのような欠点で、当人に悪意はなかったとしても、知らぬ間に相手を傷つけたり、気分を害したりしているかもしれません。そんな時は、自らの欠点を認め、直す努力をすることが大切です。そして3つ目は、「どうすれば相手が幸せになれるか知る」ことです。https://dmsr-tcsw.org/marriage/



Posted by 宮田 紗菜 at 14:17│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。