2018年10月10日

債権回収の集団的秩序」>この手続諸段

債権回収の集団的秩序」>この手続諸段階を通じた実体法的変容を検出する際に,本講義は,一人の債務者Bを中心として複数の債権者が形成する集団的な関係のありように着目した。
しかし平時実体法においては,債権者は個別債権を個別の債務者資産...これで上手くいく!債権者が債務回収で形成するべき秩序とは?



Posted by 宮田 紗菜 at 21:22│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。